頚椎ヘルニアってなに?

頚椎ヘルニアは、激しい痛みや手のしびれなどを伴い、日常生活にも影響がでるもの。

首のヘルニアと言えば、わかりやすいかもしれません。

人の頭部はとても重いもの。

首は重さを支えているので、構造的にももろく、神経が集まっているところなので、ちょっとしたきっかけでも、ダメージが広がることがあります。

首が重い、しびれがある、激痛がある、首がこり辛い、首が回らない、肩がこりやすい、腕にしびれが出る、親指から中指までがうまく動かない、まぶたが重たいなど、自覚症状があったら、要注意です。

頚椎ヘルニアは、一度かかってしまうと、やっかりな首のトラブル。

できるだけ、このような状態にならないように、日頃から気を使っていたいものです。

首回りに違和感があって、腕のしびれなどもある場合は、早めに医者に相談しましょう。

頚椎ヘルニアの頚椎は、体と頭部をつないでいる7個の椎骨でできています。

第二頚椎以下で骨と骨の間でクッションの役割をしている椎板に、亀裂が走り、中の髄核が飛び出た状態になると、手足がしびれたり、傷んだり、体に力が入らないなどの症状が出ます。

このような頚椎ヘルニアは、近年は自然吸収、焼失する過程があることもわかってきたので、治療方法も変わってきています。

参考サイト・・》頚椎ヘルニアを治したい│漢方薬の健康堂薬局